【要約】佐々木ゴウ著・ゴウ本:デジタル時代の実践スキルWebライティング 読者が離脱しない、共感&行動を呼ぶための最強メソッド 

ゴウ本
  • URLをコピーしました!
  • 高単価Webライターになりたい
  • ブログ収益を上げたい
  • セールスライティングを習得したい

そんな方におすすめなのが「デジタル時代の実践スキルWebライティング 読者が離脱しない、共感&行動を呼ぶための最強メソッド」通称:ゴウ本です。

ゴウ本は「成約率をアップさせる」セールスライティングに特化したWebライティングの”強化書”です。

佐々木ゴウ氏が考案した売れる文章の型を使うことで、初心者でも誰でも簡単に記事を書くことができるようになります。

著者:佐々木ゴウ氏について

日本最大級のWebライターのオンラインサロン「ライター組合」や事例取材やホワイトペーパー制作会社を設立している、ライター界のレジェンドです。バツイチ&切れ痔が口癖でとてもユーモアのある方です。Twitter@goh_ssk

そこで本記事では、

  • ゴウ本がおすすめの理由
  • ゴウ本のノウハウを使ってみた感想
  • ゴウ本の購入方法・文章の型の使い方

を紹介します。

私はゴウ本で紹介されていた売れる文章の型『PiREmPa(ピレンパ)』を使ったことで、1時間でサクッと売れる記事を書くことができました。

「記事を書くのに時間がかかりすぎる」「イマイチ売れる記事が書けない」と同じような悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

ゴウ本がセールスライティング本としておすすめの理由3つ

世の中には多くのWebライティング本はありますが、その中でもゴウ本はセールスライティングに特化しています。ゴウ本がセールスライティングのWebライティング本としておすすめの理由は大きく3つあります。

それぞれ詳しく紹介します。

初心者でも記事構成が簡単

1つ目の理由は、初心者でも簡単に記事構成できるからです。

Webライティングは、小学校で習う作文にあるような「起承転結」で書いてはいけません。なぜなら、インターネットで検索する人はせっかちだからです。

例えば、あなたが「1 + 1」の答えをインターネットで検索しているとします。「起承転結」で書かれた記事だと、最後まで読まないと「2」という答えにたどり着きません。

その場合、あなたは最初のほうを読んで知りたい答えがないと判断し、「戻る」ボタンをクリックするでしょう。

つまり「検索に戻って答えが書いてそうな他の記事を探す」という行動をとるのです。

書き手としては、最後まで読んでほしいので結論は一番最後に持ってきたいところですが、読み手としては結論は最初に書いてあってほしいのです。

ゴウ本ではWebライティング特有の文章構成について例と一緒に書かれているので、どんな順番で記事を書いていったらよいのか、初心者でも迷うことがありません

真似するだけで売れる記事が書ける

2つ目は、ゴウ本に書いてある内容を真似して文章を書くだけで「売れる」記事になります。

世の中に数多くあるWebライティング本はテクニックについて詳細に書かれていますが、例文や文章の型の紹介がありません。

いくら初心者がテクニックやノウハウを読んでも、それを理解し実行できる人はほとんどいません。

一方ゴウ本は「売れる文章の型」PiREmPa(ピレンパ)や取材ライティングの型を例示してくれているので、誰でも真似するだけで売れる記事が書けるようになります。

PiREmPa(ピレンパ)とは、PREP法(論理的な文章術)を著者の佐々木氏が改良して考案した「売れる文章の型」です。

P:Point(結論)
i:information(補足)
R:Reason(理由)
E:Example(具体例)
m:message(具体策)
P:Point(結論)
a:action(行動)
社畜ママ

ちなみに、この記事もPiREmPa(ピレンパ)です

小手先のテクニックではない

3つ目は、小手先テクニックではない、ライティングの本質について書かれていることです。

あなた自身、書いた記事は多くの人に読んでもらいたい。さらに言えば、紹介した商品を購入してもらったり、サービスに申し込んだりしてほしいですよね。

ゴウ本では、「だれのために」「どんなメッセージを伝えて」「読者にどんな行動を起こしてほしいか」という記事の本質について書かれています。

そして著者である佐々木氏が実践している記事を早く書くコツについても紹介されており、誰でもプロのライティングテクニックに触れられる良書です。

社畜ママ

Webライターとして記事を早く仕上げるのは重要な要素

ゴウ本のテクニックを使ったら上位表示された

実際にゴウ本のテクニック『PiREmPa(ピレンパ)』を使って書いてみたところ、記事がインデックスされて10日程度で2ページ目に入るようになりました。

PiREmPa(ピレンパ)導入前は大体8〜9ページ目でした。

社畜ママ

Googleが記事を高品質と判断してくれた可能性が高いです

さらに、記事の構成を作る際に迷いなくサクサク作れるようになりました。

あくまで私の体感ですがゴウ本のテクニック、PiREmPa(ピレンパ)を取り入れる前と比べて記事構成の速さも質も5割増しになったと感じています。

ここまではゴウ本の良い点を述べてきたのですが、残念だったところもあります。

それは、『SEOライティング』に関する情報は薄いというところです。読者の悩みを解決する文章を書いてたらSEOで上位表示されるよ、というスタンスの本なので、SEOライティングのテクニックについてはサラッとしか触れられていません。

とはいえ、初心者ライター・初心者ブロガーが知っておくべき最低限のSEOライティングの情報は書かれています。SEOライティングの中級以上の情報を求めている人はマクサン本と合わせて読むとよいでしょう。

Webライティングの本質もSEOライティングのスキルも両方大切!

\あわせて買いたい/

¥2,200 (2022/10/04 01:11時点 | Amazon調べ)
\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場

ゴウ本の買い方・おすすめの使い方 

ゴウ本の使い方

ゴウ本は全国の書店で購入できますが、地方の田舎都市だと取り寄せになることが多いです。サクッと購入して読みたい人は、Amazonや楽天で購入しましょう。

AmazonではKindle版もありますが、紙の本を購入することをおすすめします。佐々木氏も、線を引いたり、付箋を貼ったりして記事を書くときに手元に置きながら書くことを推奨しています。

実際にわたしも線を引いたり付箋を貼っています。線を引いたり付箋を貼ったところは自分が気を付けようと思っているところなので、書く前にさらっと見るだけでも売れる文章がスラスラと書けるようになります。

社畜ママ

今この記事を書いているときにも机の上に付箋だらけのゴウ本があります

まとめ:売れる文章が書けないと悩んでいる人におすすめ

改めて、売れる記事をどう書いたらよいかわからない」「押し売りにならない記事にしたい」と悩んでいるブロガーやライターにはゴウ本がおすすめです。

なぜなら商品やサービスの押し売りではなく、きちんと読者の悩みを解決できる文章の型が紹介されているからです。

実際、わたしはゴウ本に描いてあるPiREmPa(ピレンパ)を使うことで記事構成を大きく改善することができ、3ページ目にあった記事をリライトして1ページ目3位まで順位を上げることができました。

「売れる記事が書けない」「検索で上位表示されない」と以前のわたしと同じような悩みを抱えている方は、ぜひゴウ本を手に取ってみてください。

ゴウ本

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

副業Webライター歴1か月で月1万円達成。毎月2~3万円をコンスタントに稼いでる、40代共働きワーママです。

目次